• お客様の声
  • LINE@はじめました!
  • ボディケア電話番号

HOME > StretchFitness Fine BLOG > アーカイブ > 2013年8月

StretchFitness Fine BLOG 2013年8月

筋肉の緊張をとる方法

筋肉の緊張.jpg

筋肉をリラックス(弛緩)させる方法はたくさんありますが書籍「Bruce Lee Notes」の中にブルース・リーが朝ベットから起きる前に行っていたエクササイズが4つ紹介されていました。


その一つを紹介します。

<フル・ボディ・ストレッチ>
両足を一方向にできる限り伸ばし、腕をできる限り反対方向に伸ばす。3秒間伸ばした後、2秒間リラックスさせる。計5回

また書籍の中には「軽くゆっくり緊張と弛緩を繰り返すことで大きな筋群をすべてリラックスさせることができる。規則正しく行えば筋肉、靭帯、腱が強化される。体の隅々まで血行を促進することができる。」とありました。


もう一つ、桜井章一の書籍「精神力」の中にあった集中力をつける方法です。


「まず全身に力を入れさせる。体を踏んばらせて、緊張させる。次に、息をはきながらすべての力を抜いて筋肉を弛緩させる。たったこれだけのことだけれど、それまで重くて上がらないような荷物も軽々と上げることができるはずだ。いわば火事場の馬鹿力を、意識的に出す方法と言っていい。」


昔から達人といわれる人たちは体験的に筋肉を収縮させた後、筋肉がよくゆるみ、力が発揮しやすいことを体験的に理解していたようです。

筋肉は「力を入れた後、よくゆるむ」という仕組みがあります。
ストレッチフィットネスファインのマシン「ホグレル」も筋肉を収縮させた後、脱力する動作を繰り返します。
まだ「ホグレル」を使われたことがない方はぜひ体験して、体の変化を感じてください。

初回体験は60分マンツーマン指導で1000円です。


1

« 2013年7月 | メインページ | アーカイブ | 2013年9月 »

このページのトップへ