• お客様の声
  • LINE@はじめました!
  • ボディケア電話番号

HOME > StretchFitness Fine BLOG > アーカイブ > 2014年7月

StretchFitness Fine BLOG 2014年7月

加圧でテンションが!

今回の加圧体験会の様子です。

皆様のテンションも上がり熱気に溢れた体験会でした。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました!


女性も気合入ってます!

加圧でテンションが1.jpg

加圧でテンションが2.jpg


男性は加圧のベテランということもあり自ら追い込んでくれました!

加圧でテンションが3.jpg

加圧でテンションが4.jpg

ナイトウォーキング

今回も加圧を実施後、ウォーキングを行いました。
風もあり、気温も高くなく快適なナイトウォーキングでした。

名城公園ではものすごく久しぶりに蝉の幼虫が木を目指して歩く姿も見れたり、フワフワしたかわいいサモエド犬をなでて癒されたりという和やかな場面もありましたが、いつもよりペースを上げて10分はタイムを短縮することが出来ました。

ナイトウォーキング14722-1.jpg

ナイトウォーキング14722-2.jpg

肩甲骨を意識しよう。

ストレッチフィットネスファインでは肩甲骨を立てる「肩甲骨はがし」の重要性とエクササイズ方法を定期セミナーでお伝えしています。

その結果、肩甲骨と胸郭、胸椎の可動性と連動性を高めることを意識して多くの方が肩甲骨をはがせるようになってきました。
肩甲骨を生かすと肩関節への負担が減り、力強く、スピードもアップします。

しかしそれをわかりやすくご理解いただくためにいつも苦労します。
先に動きだけを見せてしまうと「変な人」で終わってしまうので。。。


人間はもともと四足動物だったことを考えると、肩甲骨で体重を支えていたことが想像できます。

圧倒的な足の速さのチーターは肩甲骨を大きく動かしています。

チーター.jpg

歩くとき肩甲骨が立っています。


身近なところで猫が高い所から飛び降りた際の着地も肩甲骨で体重を受け止めています。

ネコ.jpg

地球で最も重い体重のアフリカゾウも8500キロもある体重を肩甲骨で支えています。

ゾウ.jpg

しかも鎖骨がないため胸郭と肩甲骨は完全に分離してるので、筋肉のみで支えているのです!


人間は進化し二足歩行ですが、長い進化の歴史から考えると最近まで四足歩行だったことになり、それを考えると腕を前方に押し出す動作(肩甲骨、外転)が最も強く動かせるようにできていることがわかります。(前鋸筋の力って強いです。)

「肩甲骨はがし」は肩甲骨と上腕骨が一直線上につながって動かすことによって、結果背中から肩甲骨が浮き出ます。
いわゆるゼロポジション(肩甲棘と上腕骨が一直線上にあること)での可動域が広がるということです。
ゼロポジションにより、関節や筋に負担がかりにくくなります。

動物は常にこの状態でうごいているためハイスピード、ハイパワーを生み出せるのです。


しかし、人間の進化した結果、近年はパソコン作業やスマートフォン操作などで肩甲骨周辺の筋肉をこわばらせてしまい、知らないうちに肩甲骨の動きを小さくさせてしまっています。
そして肩こりだけでなく、腕の動き、肩へ負担のかかる状態になり肩甲骨のパワーを発揮できなくなるのです。

もしこのブログを読んでいる方で、最近筋トレをして見た目はかっこよくなり、筋力は上がったのに運動能力が上がらない、または落ちたと感じている方は一度、肩甲骨の動きを意識してみて下さい。

日頃から肩甲骨を意識して動かすことを知れば、それを防ぎやすくなります。
もちろん「肩甲骨はがしエクササイズ」を身につける事ができれば自分で肩甲骨周辺の筋肉を緩めることができます。



長くなってしまいましたが、伝えたいことはもっともっとあります。
ぜひ興味を持った方や思い当たる方は一度ストレッチフィットネスファインを体験してください。
必ず大きな違いを感じると思います。


 


ぜひこの動きにチャレンジ下さい。「変な人」ですよね。。。

ケガの回復を早める

部活練習後、毎日地下鉄に乗ってファインへ通ってくれている高校球児。
いつも爽やかにがんばっています!

数日前に初めて加圧を行った所、痛みがあった右肘が翌朝、調子が良かった為、今回はさらに腕を中心に行いました。

加圧によって大量に分泌される成長ホルモンが、酷使して傷ついた腱や筋肉の修復を早めてくれます。
ホグレルで可動域を向上させ、加圧で回復力をアップさせる相乗効果で、いいコンディションを保って行ける様にしっかりサポートして行きたいと思います。

今年最後の夏を精一杯投げて甲子園にぜひ出場して欲しい!

ケガ1.jpg

ケガ2.jpg

加圧体験会で驚きの結果が!

先日、加圧体験会を行いました。

加圧にて下半身と上半身合わせて15分ほど軽くトレーニングをまず行っていただきました。

加圧体験1.jpg

その後ホグレルをいつも通り行っていただいたのですが、すごく伸びたのです!

ほぼ毎日ホグレルを行って頂いている会員様で、柔らかさが維持出来ているのですが、1セット目で今まで経験したことが無い可動域を獲得出来ました。

例えばインナーサイでの開脚はいつもより10度。
マルチスローでの水平伸展、肩関節外旋の可動域は30度以上アップしました。
それ以外のマシンでもご本人がいつもより伸びやすくなっていることに驚いていた様です。


加圧体験2.jpg

加圧体験3.jpg

大げさの様ですが本当なんです。
ぜひ体験して見て下さい。

夏の冷え症

先日、NHK番組「あさイチ」で夏の冷え症をテーマで放送がありました。

冷え症のタイプを大きく三つに分類し紹介されていました。

・四肢末端型
・下半身型
・内臓型

その中の「下半身冷えは腰とお尻の筋肉のコリが原因だった!」を紹介します。


<下半身の冷えを引き起こす“お尻のコリ”を簡単にチェックする方法>

(1)まずいすに座り、片足をもう片方のひざの上に載せ、くるぶし辺りを押さえます。

(2)上げた方のひざをぐ〜っと下に下げます。すると、お尻の筋肉が伸ばされます。

(3)このとき、お尻の筋肉のつっぱりや痛みを感じたら、筋肉がこっている証拠。下半身型冷え症につながる可能性があります。左右5秒、5回ずつ行うと効果的です。

※コリを感じている方も、このストレッチをすることでお尻の筋肉(梨状筋)もほぐれて、コリも解消されます。

この動きは!まさにホグレルマシンのネバータイトハムで行える動き!

夏の冷え症1.jpg

夏の冷え症2.jpg

確かに!冷え症が無くなった会員様がいるのも納得できました!
この種目は臀部がものすごく伸びますよ!
ぜひ体験してみてください!

1

« 2014年6月 | メインページ | アーカイブ | 2014年8月 »

このページのトップへ