• お客様の声
  • LINE@はじめました!
  • ボディケア電話番号

HOME > StretchFitness Fine BLOG > アーカイブ > 上肢帯

StretchFitness Fine BLOG 上肢帯

腕の回し方

先日パーソナルセミナーを行っていただいた相原先生の記事がBASEBALL NINEに掲載されてました。

http://baseball-nine.com/technology/detail/260/

セミナーでも行っていた肩回しチェックの内容が出てます(^-^)/

野球をしない方でもとってもためになる内容です。

肩が凝った時や、運動の前にこの方法で腕を回すと効果大!

ホントにちょっとした簡単なコツで肩甲骨の動きを改善できるんですね!


腕を大きく回し過ぎてしまうと僧帽筋に力が入りすぎてしまい、肩甲骨を固めて肩の関節に負担がかかったり、肩周辺の筋肉をかえって緊張させてしまうことがあります。

この動きをいろんな方にやってもらうと全員動かし方は違います。

肩を力ませてしまう人、背中に力が入ってしまう人、肘がつかない人。などなど。

腕を回す動作でも人それぞれクセがあって、そこからコリや疲れが出ているかもしれません。

力みがなくスムーズに肩甲骨から腕を動かせるようにしたい方はぜひストレッチフィットネスファインへお越しください。

動作のコツ、肩甲骨の可動域を広げるストレッチや動かし方をお伝えします。

<肩回し背面動画>



<肩回し側面動画>


~名古屋市中区 伏見駅から徒歩5分~
カラダの動きについて学べる!!
「ストレッチフィットネスファイン」
052-222-2238


セルフで肩甲骨を柔軟にするテクニック

ストレッチファインに甲子園を目指している高校球児が今年最後の夏に向けてホグレルトレーニングに励んでくれています。
本当に頑張って欲しいし、必ずやってくれると信じています!


さて投球動作の改善に効果がある「ホグレルマシン」にディッピングがあります。
肩甲骨の柔軟性と肩関節の内旋動作、胸椎伸展動作の連動性を高めるトレーニングができます。
投球動作にとても重要ですし、デスクワークの方は肩こりを改善することができます。

それをセルフで行うのに良い体操があります。
有名なマエケン体操!
 



2つ動きがあります。

<1つめ>
上半身を前傾させて肩甲骨から大きく動かし、肘が先で手首は後からついてくるように回します。10回

<2つめ>
上半身は同じく前傾で肘は曲げたまま腕を上げ下げします。もちろん肩甲骨から動かします。5回


ぜひ皆様もお試しください。肩周りが軽くなりますよ。
もちろんホグレルマシンを使えば簡単に肩甲骨を動かせます!
まだ体験したことない方は是非!お待ちしています!

えっ!肩甲骨ってそんなに動くの?

上肢帯.jpg
参考文献:土屋真人著(姿勢と動きの「なぜ」がわかる本)


肩甲骨は意識しにくいですが、実はとっても大きく動きます。

しかし、長時間のデスクワークで肩や背中が凝り固まってしまうと、腕を上げにくくなっている場合があります。
肩甲骨を固定して腕を横から頭へ上げようとすると、大体水平までしか上がりません。
水平から頭まで上げるためには肩甲骨が十分に動いてはじめて上がります。
ということは、腕が上げづらい人は肩甲骨周辺の筋肉が固まっている可能性があります。

そんな方のために!ぜひ「hogrelマシン」のディッピングで大きく肩甲骨が動かして下さい!
のびて気持ちいい〜!

1

« 筋肉 | メインページ | アーカイブ | ウォーキング »

このページのトップへ