• お客様の声
  • LINE@はじめました!
  • ボディケア電話番号

HOME > StretchFitness Fine BLOG > アーカイブ > 腰痛

StretchFitness Fine BLOG 腰痛

腰痛になってませんか?

日常生活で毎日必ず行う腰を落とす動作。

もしその動作自体が腰に負担がかかるものだったら。。。

スポーツに必要な素早い動きにブレーキをかけているとしたら。。。

いつの日か腰痛や膝の痛みに襲われるかもしれません。

<簡単に腰を落とすチェックをしてみよう!>

足幅を肩幅よりも広く開いて立った状態で腰を落としてみてください。
下記の①②③どの動作に当てはまりますか。

①膝がつま先よりも前方に大きく突き出して腰を落としている。
②腰を丸くして(骨盤後傾)背中を丸めて落としている。
③腰を大きく反らして落としている。

どれかにあてはまった方は残念ながら注意が必要です。

簡単にお伝えするとベルトのラインが地面と平行を保ったまま腰を落とす。
つまり、骨盤が中立位で股関節がニュートラルなポジションで屈曲できる状態です。
このポジションで腰を落とすことができると、無理に腰を反らせたり背中をまるめたりせず、
無理無駄な力を入れずに腰を落とすことができます。

腰を無理にそらさず、丸めず、力まずリラックスした状態で腰を落とすことができれば、日常で腰を痛めることが減ります。
スポーツでもリラックスして腰を落とした姿勢が次の動作を素早くする秘訣になります。

股関節の柔軟性が低下することで姿勢や動作の際に骨盤の動きに大きく影響を与えます。
普段の立った姿勢で腰を反らしているタイプなのか、丸まっているのか。
人それぞれ柔軟性の差が個性的なクセを生み出しています。

立位姿勢で反りすぎても、丸まった状態も腰にはあまりよくありません。
IMG_3076 (1).JPG
左:骨盤前傾(過度に腰が反った状態) 右:骨盤後傾(腰が丸まった状態)

下の動画の「腰落としエクササイズ」を行って股関節ニュートラルポジションでの屈曲動作を身に付けよう!
姿勢、動作改善になりますよ~





<腰落としチェックで①②の方はこちら>




<腰落としチェックで③だった方はこちら>




この動作をなかなか家で行うのはめんどくさい!という方はぜひストレッチフィットネスファインへ
楽に骨盤の前傾、後傾を改善させるマシンがあります。
興味がある方ぜひ一度体験にお越しください。

~名古屋市中区 伏見~
腰痛・肩こりを改善!
ストレッチフィットネスファイン
052-222-2238 
 


腰痛完治の最短プロセス

日本に腰痛患者は約2800万人いるそうです。
確かに慢性腰痛の方多いですよね~
仕事柄ぎっくり腰を年に何回もされてしまう方によく出会います。

なぜそうなってしまうのか、どうしたらよいのか。
そんな問題を解決してくれる良い書籍が発売されました。

34a13b83.jpg
書籍
『腰痛完治の最短プロセス セルフチェックでわかる7つの原因と治し方』(西良浩一&室伏由佳)

著者である
徳島大学・西良浩一教授は腰痛の超スペシャリスト!

読売巨人軍と横浜DeNAベイスターズの腰痛アドバイザーも務めています。

共著者のアテネオリンピック女子ハンマー投げ代表の室伏由佳さんの腰はもちろん他にも多くのアスリートの腰痛を治しています。

プロゴルファー 奥田靖己氏
野球選手 高橋由伸氏
ハンドボール 宮崎大輔氏
総合格闘技 山本KID徳郁氏 など


西良教授「ストレッチでハムストリングス(ももの後側)とクアド(ももの前側)の柔軟性を高めることは、腰痛の予防や再発防止に非常に効果的です。この2箇所の柔軟性を高めると、前屈や後ろに反る動作のときに骨盤の回転量が増えるため、腰への負荷が軽減されるからです」

日常的に柔軟性を高める動作やストレッチを心がけることで股関節が動き、腰痛は軽減されます。
ただやみくもに偏ったストレッチを行っても腰痛を悪化させてしまうこともありますのでファインでは股関節の可動域、骨盤の前傾、後傾チェック、しゃがむ、立つ際の骨盤動作などの動きのチェックも含めて行い
必要なセルフストレッチ種目をお伝えします。

さらに!ファインには著者である西良教授とホグレルが共同開発したマシン「ネバータイトハム」があります!

このマシンでハムストレングス(ももの裏側)はすっごく伸びます。

このマシンのほかにもクワド(ももの前側)、腸腰筋を伸ばすトータルヒップ、内転筋をのばすインナーサイなどで、股関節にかかわる筋肉、すべての角度を動的ストレッチでぐんぐん伸ばすことができます!

高齢者からアスリートまで、安全で効果的に柔軟性を高めることができますので、慢性腰痛にお悩みの方はぜひご相談ください。

しっかりサポートさせていただきます。(^-^)/



写真 (20).JPG


DSC_0168.JPG








1

« 姿勢 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ