• お客様の声
  • LINE@はじめました!
  • ボディケア電話番号

HOME > StretchFitness Fine BLOG > ホグレル効果 > ホグレル効果!

StretchFitness Fine BLOG

< 名古屋城まで闘魂ウォーキング  |  一覧へ戻る  |  星翔太選手! >

ホグレル効果!

入会して1ヶ月経たずして肩甲骨を肋骨から分離できるようになりました!

すばらしい!

4B2ECB26-D308-4D4E-B019-1FD038493149.jpeg

~名古屋 中区 伏見駅徒歩5分~
ホグレルで疲労回復、動作改善
「ストレッチフィットネスファイン」
052-222-7177


カテゴリ:

コメントする

< 名古屋城まで闘魂ウォーキング  |  一覧へ戻る  |  星翔太選手! >

同じカテゴリの記事

開脚しながら

開脚しながら腸腰筋に体性感覚刺激を入れ活性化!

八の字に回旋させることで、胸郭、胸椎、肩甲骨の運動性も向上します。

デスクワークによる背中の張りの改善や

ランニング、回旋系スポーツのパフォーマンス向上に繋がります。

784CF441-8824-474F-B6A1-605F4CB25D53.jpeg


~名古屋 中区 伏見駅徒歩5分~
ホグレルの可能性は無限
「ストレッチフィットネスファイン」
052-222-7177

連動性と可動性の向上

hogrelマシン(ネバータイトハム)を使って股関節、仙腸関節、脊柱の連動性と可動域を向上させる動的ストレッチ。

ランニング、ボルダリングをされている方に調子がいいと好評です。
F9C43D9C-BF7D-4632-93C7-798BBBE7AFCD.jpeg
43D12CE5-4A9C-4845-8950-3124D01DC93A.jpeg

~名古屋 中区 伏見駅徒歩5分~
ホグレルで身体が軽い!動く!
「ストレッチフィットネスファイン」
052-222-7177



寒いと筋肉は硬くなる。

暦の上では、今まさに「大寒」と言われる、一年でも最も寒い時期です。こんなに寒いとついつい家に引きこもりがちですが、身体は動かさなければますます寒さを感じやすくなります。

<寒いと固まる筋肉>
寒くなって身体が冷えると、血管が収縮して筋肉への血流が減り、筋肉を動かすための栄養や酸素をうまく取り込めず、筋肉は酸欠になって固くなるのです。

<固まることで関節に負担が!>
身体は、動かすことで血液循環を促し全身への栄養と酸素を届け筋肉を柔軟にし同時に体温も上昇します。
特に、関節痛のある方は、寒さにより血管が収縮し血行不良が起こると、関節周辺の筋肉への循環が滞り、筋肉が固くなり関節を動かす時の負担が大きくなります。つまり、膝や腰など身体を支える関節には大きな負担がかかることになります。

<どうしたら防げる?>
痛みだけでなく関節にかかる負担を減らすためにも、簡単な動的ストレッチで関節を動かすことはとても有効です。
Fineでは、動的ストレッチに特化したジム機器で、身体に負担をかけることなくストレッチを行えます。
ジョギングやウォーキングにはまだまだ寒いこの季節、ぜひFineへ見学だけでもお越し下さい。
お問い合わせもお気軽にどうぞ。

名古屋オーシャンズ9連覇!おめでとうございます!
IMG_3833.JPG

肩こりを肩甲骨から改善

ストレッチフィットネスファインに入会される多くの方がひどい肩こり。

デスクワークでほぼ1日中もパソコンの前に座っている方が多いです。

皆さん共通して肩甲骨の動きが固まっています!

肩甲骨の動作チェックを行うとほとんどの方が「内転、挙上、上方回旋」の動きに制限があります。

そこでホグレルマシンの「ディッピング」を続けるとほとんどの方が早い段階で肩こりが改善します。

半年以上通っていると肩甲骨の上方回旋が大きくなり動画の方ように肘が頭と同じ高さまで上がるように!

ほとんどの方は最初、上腕のラインが水平ぐらいしかあがりません。

<肩こりがひどかった会員様 入会から6ヶ月経過>




<肩こりがひどかった会員様 入会から12ヵ月経過>


肩こりがつらい方、ぜひディッピングで肩こりを改善してみませんか。

思っているより肩こりは早く改善しますよ。

~名古屋市中区錦1 伏見駅より徒歩5分~
肩こりはあきらめないで自分で治す!
「ストレッチフィットネスファイン」
052-222-2238


肩甲骨を動かすことが目的ではない

肩甲骨の意識を高めることのメリットを1つお伝えします!

「肩甲骨から体幹動作を誘導する」

IMG_1546.JPGのサムネイル画像

格闘技、フットサルなどに必要な素早い切り替えしや、バランスをとるコツは肩甲骨を使うこと。(もちろん股関節なども必要です)

全身のバランスや、素早い移動に質量の大きな体幹を自在に動かせることが重要となります。(体幹の側屈、屈曲、伸展、回旋)

しかし体幹部の神経支配感度は低いため、体幹だけ動かすことは慣れていないと難しいです。

そこで末端の腕を大きく動かすと体幹を誘導しやすくなります。(動きたい方向に腕を大きく振る)

しかし腕を大きく振るよりも小さなモーションで、速く動くコツは肩甲骨を自在にコントロールして体幹を誘導することです。(肩自体を上下左右に操る)

この時、肩に力が入っていると肩甲骨が動かず「硬い動き」になってしまいます。

肩の力を抜いて「肩甲骨を柔軟に動かせる」ことが重要になります。

セミナーやパーソナルでお伝えしている「肩甲骨はがし」は肩甲骨を浮かせる事が目的ではなく、脱力して肩甲骨を動かす意識を高めることが肩甲骨周辺の柔軟性を高め、肩甲骨の機能を最大限に生かす状態を作ることが目的となります。

肩甲骨の動きの良し悪しが全身動作に影響をあたえるので日頃から脱力意識を高めておきましょう。

「ホグレル」で脱力動作、柔軟性獲得ができます。

使える肩甲骨を手に入れよう!

Bruce-Lee-major-ripped.jpg



~名古屋市中区 伏見駅徒歩5分~
★ホグレルで動作改善★
「ストレッチフィットネスファイン」
052-222-2238

このページのトップへ